地デジアンテナを設置してテレビを楽しもう

地デジアンテナ設置の流れ~まずは見積もりを取得しよう~

地デジアンテナを設置する理由

地デジを見るためにはアンテナが必要です。
アンテナはUHFアンテナです。今まで使用していたアナログアンテナのVHFは使用することができません。UHFアンテナは一般的には屋外に設置しますが地デジの受信が強い地域の場合には屋内アンテナも使用することができます。

地デジアンテナとBSアンテナの違いとは?

アンテナの形が違う

すぐにわかる違いは、地デジアンテナは棒が組み合わさっているような骨のような形をしていて、BSアンテナは丸盆のような円形です。
それぞれ放送されている番組が見たいときには対応するアンテナの設置が必要です。

対応周波数が違う

地デジ放送は地上波を使い、BS放送などは衛星放送が使われていますが、違いは周波数です。地上波と衛星放送では使われる周波数が異なります。それぞれの周波数に合うアンテナを設置することによってはじめてテレビ放送をみることができます。

地デジアンテナを設置してテレビを楽しもう

作業員

地デジアンテナの設置は専門業者に依頼できる

知識がない人が取り付けては電波の受信ができないこともあります。また屋外に付けるアンテナは屋根の上にあがる作業を行います。素人が屋根の上にあがることがは大変危険です。
設置できても素人作業では風雨など天候から倒れてしまうこともあり、アンテナが飛んでしまって人にケガをさせてしまったり家を壊してしまったりとトラブルになってしまうことがあるため専門業者にお願いすることがおすすめです。

アンテナ

専門業者に依頼した場合の費用相場

地デジアンテナの設置はインターネットで調べてみると1万円以下という金額を見掛けますがこの金額はアンテナ設置だけというケースがほとんどです。一戸建ての家庭の多くがテレビを複数置くことが多く、アンテナだけでなく、アンテナを分配する工事やもともとあったアナログ用VHFアンテナの撤去費用を含めると、相場は5万円以上かかります。

アンテナ

優良業者を見分けるポイント

最低限として、社名を名乗り連絡先を提示してる業者を選ぶことが重要です。社名を明確に名乗らなかったり連絡先を提示しない業者は少なくありません。挨拶の段階で曖昧にされる場合にはその時点で避けておくことが無難です。
また見積もりをしっかりと提示し、些細な質問であってもはっきり答えてくれる業者を選ぶようにします。激安や割引をアピールしてくる、あまりにも相場より安すぎる業者も避けるようにします。慎重に選ぶためにも見積もりをしっかり入手するようにします。契約を強引に進めてくる業者も避けるようにしましょう。

地デジアンテナの設置の流れ

テレビ

現地調査と見積もりの提案

アンテナ工事の事前調査を行い電波状況調査が行われます。電波の状況や設置場所を確認してから、要望を確認していきます。
確認などが終わり次第、見積や工事内容の説明、最適な設置場所の提案が行われます。

契約をしてから工事日決定

見積もり確認後、了承したら契約と進んでいきます。
契約後には工事日時を調整・決定していきます。工事日時は都合に合わせて調整をすることができます。
日時決定後には、近所の方々への告知のポスティングが行われることもあります。

工事日当日

工事日には地デジアンテナを設置後に、電波の確認や映像テストを行います。
映像チェックとして各チャンネルの電波受信状況やテレビチャンネルの設定などを確認します。
工事内容にもよりあすが、アンテナの組み立てから設置そしてブースター工事まで3時間ほどです。

広告募集中