みんなに自慢したい住居~エクステリアでこだわりたい部分~

エクステリアの魅力

建物だけでなく近年は建物外の部分にも付加価値をつけることに人気が高まっています。機能性を高めて華やかさをアップさせるエクステリアは暮らす人々も満足できますし、近所の人や招待した友人などにも自慢できる生活空間を演出することができます。

機能性の高いエクステリアを設置して余裕のある暮らしを

エクステリア

エクステリアを行うメリット

エクステリアは取り入れるスタイルによってメリットが異なります。
プライバシーを重視したスタイルにすると、フェンスで防犯対策をしながらも、装飾性をプラスして高級感と重厚性を高めることができます。
オープンスタイルを取り入れると、開放感あふれる敷地にして華やかさと日当たりのよさを演出するだけでなく、広々としているため侵入者をすぐに気づくことができる防犯性も兼ね備えています

エクステリアを依頼できる業者

エクステリアは業者選びが大変難しい工事です。注意をしないと、悪徳業者や工事の質が悪い業者などに工事を依頼してしまう恐れがあります。
住宅メーカーやホームセンターで工事を依頼することもできますが、下請けに工事依頼をするため工事費プラス手数料が上乗せされた金額を請求されてしまいます。出来る限り費用を抑えるためにはエクステリア専門業者への依頼が安心です。

大阪でエクステリアを行った場合の費用相場

エクステリアには門や庭など建物の屋外全般を差します。そのためどの工事を依頼するかによって費用が異なります。
大阪にてエクステリア工事を行いたいときには、自宅周辺に目隠しや防犯効果があり境界線を示すフェンスを設置したいときには相場は50~100万円です。カーポートの設置と玄関までのアプローチを整えたいときには相場は100~200万円です。今まである塀を新しくしたいときには撤去も必要になります。オープンタイプにすると費用を抑えることがきますが相場は200万円以上となります。

[PR]
地デジアンテナを設置してもらおう
優良業者を厳選リサーチ!

人気の施工内容TOP3

no.1

こだわりのカースペース

日中だけでなく夜の光にもこだわったカースペースや建物にあったモダンな外構のカースペースは人気があるエクステリアです。建物と調和したカースペースは敷地の統一感を出すことができます。車があることによって外からも見えてしまうオープンな環境をあえて出して美しさを醸し出すことができます。

no.2

庭にゆとりあるスペースを作り上げるウッドデッキ

ウッドデッキは子供の遊び場として、くつろぎの場としても贅沢な空間として利用することができます。
ウッドデッキには木材タイプを使うとナチュラルなスペースに、タイルタイプにするとシャープでモダンなイメージに仕上げることができます。

no.3

色の組み合わせと木々を使ってイメージ通りの住宅に

白の建物に外構を白で合わせるとシンプルモダンを演出すことができ、ブラウンを基調とするとナチュラルモダンとなります。
白と茶系を合わせるとヨーロッパ風にしたり、木々を取り入れることによってリゾート風に演出することができます。

こだわりを持とう

外構工事や庭を整えたい、カーポートを設置したいなどエクステリアを施すときには漠然したイメージではなく、どんなことを叶えたいかのこだわりを持つことが大切です。
エクステリアをほどこすことによって、防犯対策を強化したい、カーポートを設置して愛車を雨風から守りたいなど使う素材や完成イメージを明確にし業者へ伝えることができます。

実際にエクステリアを行った人達の感想

老朽化の心配がなくなりました

庭と道路の境目にあったフェンスと玄関前の門の取り替えを依頼しました。
老朽化からフェンスが崩れてしまったらという心配もなくなり、フェンスの汚れが気になっていましたが取り替えたことによって明るさが蘇りました。

雰囲気を選べるバリアフリーに

自宅をバリアフリーにしたときに、道路から玄関までのアプローチを車イスで通れるように段差をなくしました。段差をなくすだけでなくデザインも選べるため自分好みの雰囲気にすることができました。

隣近所とのプライバシーのため

自宅の隣に何も立っていなかったため気にかけていませんでしたが、最近近い距離に住宅が建ったことによりお互いの部屋の中や庭などが見える環境になってしまいました。目隠しのフェンスをつけて安心してプライバシーを守ることができるようになりました。

メンテナンスフリーのウッドデッキに変更

もともとあったウッドデッキが劣化から腐ってしまって気になっていました。
人工素材でできたウッドデッキにしたため腐る心配もなくなり、お手入れする必要もなくなりました。

駐車スペースを増やしました

駐車スペースが1台でしたが子供の成長と共にもう1台スペースが必要になりました。
庭を撤去して2台分のスペースを作り、カーポートを設置して濡れることなく車の出入りができるようになりました。

[PR]
エクステリアを大阪でしませんか?
素敵な庭が完成できちゃう

広告募集中